外部リンク











 

このサイトについて

 このサイトは北海道新得高等学校が教育利用を目的として運営しているものです。
 このサイトにおける著作権・肖像権は北海道新得高等学校にあります。
 このサイトに含まれる画像・内容の無断転載、複写、営業目的の利用を堅く禁じます。
  北海道新得高等学校ウェブページについての運用指針(PDFファイル)
 
COUNTER29425
旧HP(~H29.12.27)66,497

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

緊急のお知らせ

 現在、緊急のお知らせはありません。

 非常変災時の対応についてはこちらをご覧ください。
 JR北海道の運行情報はこちらから【JR北海道 列車運行情報】をご覧ください。
 

HP更新のお知らせ

同窓会総会(H31.2.6開催)の案内を掲載しました。(H30.11.2)

新高資料室・・・新聞報道等スクラップ更新しました。(H30.11.27)
           広報しんとく11月号の掲載記事を追加しました。
       
校長日記・・・更新しました。(H30.12.6)
 

いのちの大切さ、性感染症・人工妊娠中絶について学ぶ教室

 11月26日(月)、思春期講話を新得高等支援学校と合同で開催しました。講師として、北海道助産師会思春期学習会所属助産師のよしゆうこ氏をお迎えし、町内の富村牛小中学校の中学3年生も一緒に講演を聴きました。
 講演では、LGBTQs(性的少数者)、人工妊娠中絶についての知識や性感染症の予防方法などを詳しく話して頂き、生徒にとって、いのちの大切さを考える大切な機会となりました。

   
 

PTA研修会を行いました

 11月10日(土)、平成30年度PTA研修会を行いました。
 今回の研修会では、鹿追町にある神田日勝記念美術館と福原記念美術館へ行き、様々な芸術作品に触れることができました。また、大草原の小さな家でランチバイキングを取りながら、保護者と教員との交流を深めました。

  
 

テーブルマナー講習を行いました

 11月2日(金)の4~6校時、サホロリゾートにて、テーブルマナー講習を行いました。
 美味しい洋食のフルコース料理を食べながら、フォークやナイフの使う順番や、マナーなどについて、従業員の方から詳しく教えて頂きました。
  
 

閉校記念式典及び閉校記念「感謝の集い」が無事終了いたしました

  1020日(土)、絶好の秋晴れのもと、本校体育館において閉校記念式典、新得町公民館ふれあいホールにおいて閉校記念「感謝の集い」を、それぞれ開催しました。

式典には約350名、「感謝の集い」には約250名の多数の出席をいただき、厳粛さと懐かしさ、和やかさが入り交じった雰囲気に包まれました。

式典では、道教委教育長、道議会議員、新得町長などの来賓をはじめ、同窓生や旧職員、PTAなど、本校に縁のある方々に参列いただきました。途中、歴代の校長・PTA会長の方々に感謝状を贈呈したり、本校生徒が「新得高校70年の歩み」を当時の国内外の出来事とともに、スライドを用いて説明するなどの場面もありました。説明及びスライド上映の最中には、当時を懐かしむ同窓生の声が会場内で聞かれました。最後に、伊福部昭氏の作曲による校歌を3番まで全員で歌い、式典を終えました。
           

   「感謝の集い」では、本校同窓生の作による、会場ステージの緞帳の絵画や閉校記念の書を出席の方々に紹介するとともに、狩勝高原太鼓の演奏や、旧職員及び同窓生の方々によるスピーチ、そして、卒業アルバムを中心に編集した高校生活の思い出のスライドショーを行いました。会場内は、久し振りの再会で話に花が咲く様子や、スライドを見て涙する人の姿も見られました。ご出席いただいた皆様にお礼申し上げるとともに、これまでの活動にご理解とご協力をいただいた皆様に感謝申し上げます。

              

 

閉校記念の展示を行いました

 10月15日(月)~18日(木)、23(火)~25日(木)、多目的教室にて、卒業アルバム・歴代の制服・パネルの展示を行いました。

  
 

閉校記念事業協賛会第5回拡大役員会

 10/10(水)、閉校記念式典及び「感謝の集い」を10日後に控え、当日運営等にあたる関係者を対象とした閉校記念事業協賛会拡大役員会を開催し、約40名が出席しました。竹浦会長の挨拶の後、当日の動きについて、各係担当から説明があった後、式典終了後のスケジュールの確認を行い、全体会終了後、各係ごとに打合せを行いました。当日に向けた準備も、いよいよ佳境に入ってきました。

  
 

全校遠足を行いました

 10/5(金)、全校遠足を晴天の下、実施しました。新得高等支援学校との3度目の共催となるこの行事は閉校に伴い、共催としては幕を閉じることとなります。高校生と支援学校生がともに、約12kmにわたる町内のコースを走行・歩行し、無事ゴールすることができました。ゴール後は、保護者のご協力により、昼食のカレーライスをとり、楽しい一時を過ごしました。