外部リンク











 

このサイトについて

 このサイトは北海道新得高等学校が教育利用を目的として運営しているものです。
 このサイトにおける著作権・肖像権は北海道新得高等学校にあります。
 このサイトに含まれる画像・内容の無断転載、複写、営業目的の利用を堅く禁じます。
  北海道新得高等学校ウェブページについての運用指針(PDFファイル)
 
COUNTER17235
旧HP(~H29.12.27)66,497

オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

【8/31〆切】閉校記念式典及び「感謝の集い」の参加申し込み

新得高校同窓生の皆様方へ
 すでに、
「北海道新得高等学校閉校記念式典及び「感謝の集い」について」のご案内は発送済みですが、住所不明等で多数の郵便物が戻ってきているのが現状です。
 恐れ入りますが、ご案内がお手元に届いていない方で出席を希望される場合はお手数をお掛けしますが、8/31(金)までに案内の記載内容(上記の下線部をクリックすると見ることができます)に基づき申込をお願いします。なお、「感謝の集い」に出席の場合は、次の口座(口座記号:02760-0、口座番号:102830、加入者名:北海道新得高等学校閉校記念事業協賛会)に払込料金負担で、会費(4,000円)を郵便局に払込くださいますようお願いいたします。その際、払込票の通信欄に、卒業年・卒業期・旧姓を忘れずにご記入ください。
 

緊急のお知らせ

 現在、緊急のお知らせはありません。
  
 非常変災時の対応についてはこちらをご覧ください。
 JR北海道の運行情報はこちらから【JR北海道 列車運行情報】をご覧ください。
 

HP更新のお知らせ

新高資料室・・・新聞報道等スクラップ更新しました。(H30.8.16)
           広報しんとくの掲載記事を追加しました。 
         北の球児たち Vol.27 2018春」
         札幌の出版社「カベスタジアム」発行の「北の球児たち Vol.27 2018春」で本校の野球部をとりあげていただきました。(H30.6.27)

       
・校長日記・・・更新しました。(H30.8.17)
 

最後の新高祭、終了しました。

 7月14日(土)、第55回新高祭(新得高等学校・新得高等支援学校共催)を開催しました。今年度は1日日程で、昼はPTA・HR模擬店や支援学校製品展示即売、有志・学年発表など、夕方は両校合同の焼肉懇親、夜は行灯パレード・花火打上げと、充実した内容でした。
 PTAの皆様には、模擬店の手伝い、焼肉のおにぎりの炊き出し、行灯パレードの警備など、数多くのお手伝いをいただきました。また、多数の皆様にご来場いただき、両校の生徒にとって思い出深い最後の学校祭となりました。皆様ありがとうございました。
    
 

役場を訪問し、町長さんにインタビューを行ってきました。

 7月2日(月)、3学年生徒13名が新得町役場を訪問し、本校全日制第9期生の浜田町長さんにインタビューを行いました。「高校生活で1番印象に残っていることは何ですか」、「なぜ町長になろうと思ったのですか」などの生徒の質問に対し、一つ一つ丁寧に答えてくださいました。
 インタビューの内容については、10月20日に開催する閉校記念式典の際、生徒が作成した開校70年の歴史を振り返る年表とともに、展示する予定です。お忙しい中ご対応いただき、ありがとうございました。
  
 

平成30年度北海道新得高等学校振興会役員会・総会が行われました。

 平成30年6月26日(火)夕方から、新得高校にて振興会・総会を行いました。新得町副町長、新得町議会議長の皆様にも参加して頂き、実りある総会になりました。
お忙しい中参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

 
 

閉校記念事業の1つである看板の設置を行いました。

  6月20日(水)夕方、小雨の中、国道38号線沿いにある新得高校の看板の最後の付け替えを行いました。閉校記念事業協賛会事業部の皆さんで、張り替えから、設置まで行いました。
  同窓生でもある松岡篤志様(全日制第13期生)の書によるものです。
   
 

普通救命講習会を実施しました

 平成30年6月19日(火)に新得消防署から消防士が2名来校し、体育館にて普通救命講習会を行いました。生徒に心肺蘇生法やAEDの使用方法を知ってもらい、緊急時の人命を救うことができるようになることが目的です。
 はじめに、消防士による心肺蘇生法とAEDの使用方法を見た後、生徒も3人1チームとなり実践しました。胸骨圧迫や息の吹き込みに苦戦しながらも、お互いに声を掛けながら真剣な面持ちで取り組んでいました。

  
 

第68回北海道高等学校PTA連合会大会十勝大会

 平成30年6月16日(土)、17日(日)の2日間に渡って、初日はホテル日航ノースランド帯広を会場に、2日目は帯広柏葉高校、帯広三条高校を会場に行われました。
 本校は2日目に帯広三条高校で第203分科会を担当しました。分科会のテーマは「大人(親)と子どものコミュニケーションについて」で、運営者9名を含めて28名の参加者で行いました。今回は「ワールドカフェ方式」で話し合いを行いました。前回の十勝大会ではロの字型で話し合いを行いましたが、最初の自己紹介でかなりの時間を費やし、実質テーマについて話す時間を十分に取れませんでしたので、その反省を生かして話し合いの進め方を変更しました。
 最初から5つのグループに分かれて、グループの司会の方1名以外は1ラウンド15分終了後、別のグループに移動していただき、4ラウンド目に最初のグループに戻ってきてもらうように進めました。1ラウンドでは教室の声のボリュームも低かったですが、徐々にボリュームが上がり活発に意見交流をすることができたと思います。また、終了後のアンケートでは概ね好評である回答をいただきました。
 参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
     
 

共和高校との交流会を開催しました

 6月13日(水)、今年度共に閉校する共和高校と本校の交流会を開催しました。最初に、新得町民体育館で、町発祥のスポーツである「フロアカーリング」を、両校生徒の混成チームで行いました。共に初めて行う競技とあって、最初の練習では、思うようにフロッカー(投擲物)が目標に届かない様子も見受けられましたが、徐々に上達し、白熱した試合となりました。
 その後、隣接する焼肉ハウスで、教員も交えて一緒に焼肉の昼食をとり、短い時間ではありましたが、楽しい一時を過ごすことができました。今度は、11月から12月にかけて、本校が共和高校を訪問する予定です。

   
     
 
 

学校祭に向けて、OB・OG行灯、町職員行灯の台車搬出が行われました。

 7月14日(土)に開催する最後の新高祭において、在校生の行灯1基に加え、OB・OG行灯2基と町職員行灯1基が、行灯行列に参加していただけることとなり、6月4日(月)17:00に各団体の台車の搬出が行われました。

     
 

学年レクレーション

 5月24日(木)の6校時、学年レクレーションを実施しました。
 教員チームを交えてミニバレーをしましたが、なごやかな雰囲気の中、笑顔が絶えず、笑い声が響く1時間になりました。

   
 

校外清掃

 5月21日(月)の6校時、校外清掃を行い、町内の通学路を中心にゴミを拾いました。
 当日はとても暑い日でしたが、生徒は一生懸命町内の美化に取り組み、達成感の顔で満ちあふれていました。

  
 

平成30年度第57 回春季北海道高等学校野球大会十勝支部予選会

 5月12日(土)、本校は更別農業高校、本別高校、大樹高校、上士幌高校と5校連合チームで出場し、広尾高校と対戦しました。結果は4-10で残念ながら敗退しました。
 次の選手権大会が最後の大会となります。
    
 

体育祭

 5月11日(金)の5・6校時、高等支援学校との共催で、体育祭を行いました。
 当日は、公開授業週間の最終日ということもあり、両校の保護者や町議会議長、町教育委員の皆様にも参観いただき、5人6脚、綱引き、大縄跳び、選抜リレーの4種目を行い、盛況の中無事終了しました。総合優勝は、高校3年と高等支援学校2年、準優勝は高等支援学校3年でした。
    
 

授業参観、PTA・後援会総会

 4月22日(日)、授業参観、PTA・後援会総会、学級懇談を開催し、保護者や後援会関係者の皆様にお集まりいただきました。
 1校時は、体育館で、保護者の方々に体育の授業を参観していただくとともに、体育大会の練習を兼ね、保護者や教員も参加して、綱引きや大縄跳びなどを行いました。2校時は、多目的教室で、PTA・後援会の総会を実施し、その後、学級担任と保護者との懇談を行いました。
    
 

平成30年度対面式

 4月18日(水)、高等学校生と高等支援学校生の相互の親善交流を図ることを目的として、対面式を実施しました。
 最初に、両校の校長と生徒会長からの挨拶を行った後、新得高校の1年間の行事を紹介するスライドショーが、生徒会役員による説明とともに上映されました。その後、支援学校の新入生代表からのお礼の挨拶があり、短時間ではありましたが、和やかな会となりました。
   
 

平成30年度着任式・始業式

 平成30年4月9日(月)着任式と始業式を行いました。3月に3名の先生方とお別れをしましたが、今年度は新たに養護教諭の先生1名をお迎えすることになりました。新得町の教育支援員の先生をあわせて全教職員13名で教育活動を行っていきます。